トップページ >  > 紫外線とシミの関係について

紫外線とシミの関係について

紫外線

紫外線とシミの関係ですが、紫外線はメラニン色素を作ります。メラニン色素がシミの原因です。


20代前半の頃は、強い紫外線に当たって水ぶくれになったとしてもシミにならなかったりします。これは、肌の新陳代謝のスピードが早い為に肌細胞が修復されるからです。


20代も中旬になるころから、シミが出来始めますね。丁度その頃から、細胞が老化し始めます。皮膚も身体も酸化しはじめるからです。身体も疲れ易くなったり、紫外線を浴びるとすぐにシミが出来たりします。


そして30代を過ぎると蓄積された紫外線が元でシミが沢山出来てしまうのです。また子育てママなどは、子供との外遊びが始まり更にシミが増えます。
大きなシミが両サイドの頬に出来ていたり、細かいシミがほくろと混ざって出来ていたり、ちょっと焦ります。


しかし、浸透性が高く、ビタミンC成分がたっぷりと配合されている美容成分をお肌に浸透させるとシミは消えていきます。
一度出来たシミは決して消えないことはありません。


出来れば、手軽に美容液等でシミを薄くしたいものですね。
完璧に消したいとなると、皮膚科でレーザー治療を受けることになりますが、私もシミはかなりありますが、エイジング対応の美白化粧水等(浸透性が高い)で今はシミが気にならなくなりました。


そして、外出時は、化粧下地に紫外線ガード剤を1つは利用しています。紫外線ガードとアフターケアと気を付けることで、紫外線が気にならなくなります。


サンバイザーなどは強い日差しの日には利用する程度ですが、あまり気にしないで毎日を過ごせているのも美白美容液の効果に満足しているからと言えます。


是非、ご自分にぴったりの化粧品を見つけてシミを撃退していきましょう!
シミ対策は早ければ早いほどよいですよ^^



肝班(かんぱん)って一体どんなもの?

顔がくすむってどういう状態?

コラーゲンとシミの関係について

シミができる過程について

シミを病院で治療するには何科に通えばよい?

シミはホクロになるの?

ターンオーバーってどんなこと?

ハイドロキノンについて

ビタミンCとシミの関係について

色白さんのほうがシミができやすいの?

月人気ランキング

ハイドロキノンを独自の浸透技術で真皮まで到達させる!365日返金保証付き

美白ケアが効かない人は攻めの美白だけではダメ。守り+攻めのケアを同時に。敏感肌の人も安心です。

ロングセラーの信頼感。さらっとしたテクスチャでスッと浸透。保湿にも優れています。