トップページ >  > シミができる過程について

シミができる過程について

シミができる過程

シミができる過程は、説明が少し複雑なのですが、まずはメラニンの働きを知っておきましょう。
メラニンの働きには、皮膚の温度調整や活性酸素の吸収等、いろいろな働きがあります。
最も重要な働きは、皮膚の表皮にある細胞を紫外線から守ることです。


メラニンがなければ紫外線によって遺伝子細胞が傷つけられてしまい、細胞が変異すれば皮膚ガンのきっかけにもなります。
メラニンは、皮膚の新陳代謝をしながら外へ押し出されて排出されますが、肌の老化によりメラニンがターンオ―バーせずに皮膚に蓄積すると、メラノサイトが活性化し、メラニンをたくさん含む表皮細胞の層を作ってしまうのです。


これが色素沈着であり、シミの原因です。
シミにはいくつかの種類があり、日焼けによるシミ、ホルモンバランスによるシミ、老人性のシミ、体質遺伝のソバカスなど。 紫外線を浴びた日焼けは、美白化粧品やハイドロキノンなどの利用で薄くすることが可能です。


ホルモンバランスが原因のシミは、時期的に薄くなります。レーザー治療はおススメしません。逆にシミを濃くすることがあるからです。
日焼けによるシミは、皮膚の老化によりターンオ―バーがゆっくりになっていることが原因なので、美容成分をしっかりと補給して皮膚を潤し細胞の活性化を即しましょう。


時には、美白成分配合のクレンジングや洗顔剤などで軽くマッサージして血行を良くして皮膚細胞を活性化させましょう。
細胞活性は、新陳代謝を高めリフトアップにも繋がりますし、シミを出来にくくします。


またニキビや湿疹の跡の炎症が原因で出来たシミは自然と消えることも多いのですが、シミになってしまった時は、美白化粧水やレーザー治療もおすすめです。



肝班(かんぱん)って一体どんなもの?

顔がくすむってどういう状態?

コラーゲンとシミの関係について

シミを病院で治療するには何科に通えばよい?

シミはホクロになるの?

ターンオーバーってどんなこと?

ハイドロキノンについて

ビタミンCとシミの関係について

紫外線とシミの関係について

色白さんのほうがシミができやすいの?

月人気ランキング

ハイドロキノンを独自の浸透技術で真皮まで到達させる!365日返金保証付き

美白ケアが効かない人は攻めの美白だけではダメ。守り+攻めのケアを同時に。敏感肌の人も安心です。

ロングセラーの信頼感。さらっとしたテクスチャでスッと浸透。保湿にも優れています。