トップページ >  > 肝班(かんぱん)って一体どんなものなの?

肝班(かんぱん)って一体どんなものなの?

肝斑とは

肝斑(かんぱん)は、いわゆるシミのことをさします。


日本人の皮膚は肝斑ができやすく、浅黒い色の人ほどできやすいようです。 年代としては、30代~40代の女性にあらわれやすいといわれています。


できる場所は、目の周辺を避けて頬骨あたりに左右対称にべっとりと広がってできることが多く、 額や口のまわりにできるものもあります。


では、なぜ肝斑ができてしまうのでしょうか?


これはストレスや女性ホルモンの乱れといわれていて、年齢を重ねることでホルモンバランスが乱れることによりできることが多いようです。 強いフェイシャルマッサージや、強いストレス、経口避妊薬(ピル)などが原因ともいわれています。


気を付けなければいけないのは、肝斑の治療にレーザー治療を・・と考えている方は、 レーザーの種類によっては悪化を招いてしまう場合もあるので、一般的なシミか肝斑かを見極める必要があります。
レーザー治療を行う場合は、医師と相談の上、慎重に行なってください。


肝斑の改善には内服薬やハイドロキノン配合の化粧品、ビタミンCのイオン導入などが効果があるようです。 どの方法にしろ、長期的に取り組んでいく必要があるのでじっくりと腰を据えて継続していきましょう。


皮膚科レベルの効果です! ハイドロキノン配合の美白化粧品の詳細
月人気ランキング

ハイドロキノンを独自の浸透技術で真皮まで到達させる!365日返金保証付き

美白ケアが効かない人は攻めの美白だけではダメ。守り+攻めのケアを同時に。敏感肌の人も安心です。

ロングセラーの信頼感。さらっとしたテクスチャでスッと浸透。保湿にも優れています。