トップページ >  > 色白さんのほうがシミができやすい?

色白さんのほうがシミができやすい?

色白さん

色白の人は、日焼けすると全体的に赤くなりほてりその後、落ち着いてきてからシミ、シワとなります。


色黒の人は、色白の人より紫外線から皮膚を守るメラニンガードが出来ているので、シミが出来にくいといえます。顔だけでなく、腕や肩なども同じですね。


考え方によっては、色白の人は、シミが目立ち易いので、ケアを早く行いシミを防ぐことができます。
その半面、色黒の人は、日焼けしても赤くなりにくく、シミが出来てもあまり目立ちません、ケアが遅れがちです。


サーファーの中でも、元々色が白かった人もいますが、日々紫外線に当たっていることで、自然と皮膚にメラニンガードの働きが出来てシミが出来にくくなります。
海の家の従業員さんとか、ライフガードの人などもそうです。あそこまで色が黒いと、シミがあっても見えません。


色黒の人でも、ケアしないでいると大きなシミが出来てしまうことがあるので気をつけましょう。そういった意味でも、やはり色白の人の方がシミが出来やすいといえます。


私は、色が白いので紫外線に当たると赤くなります。そしてシミが出きます。毎日美白エッセンスを利用しているおかげでシミが増えずにいますが、色が白い為美白エッセンスは欠かせません。


以前、両側の頬に少し大きめのシミが出来た時は、美白効果の高い美容液にして対応しました。その後は、一般的な美白エッセンスでシミは増えていません。


夏が過ぎて秋を迎える頃に目立ち始めることも多いですが、気になる時は、少し美白度の高い美容液を集中的に利用されるといいですよ^^



肝班(かんぱん)って一体どんなもの?

顔がくすむってどういう状態?

コラーゲンとシミの関係について

シミができる過程について

シミを病院で治療するには何科に通えばよい?

シミはホクロになるの?

ターンオーバーってどんなこと?

ハイドロキノンについて

ビタミンCとシミの関係について

紫外線とシミの関係について

月人気ランキング

ハイドロキノンを独自の浸透技術で真皮まで到達させる!365日返金保証付き

美白ケアが効かない人は攻めの美白だけではダメ。守り+攻めのケアを同時に。敏感肌の人も安心です。

ロングセラーの信頼感。さらっとしたテクスチャでスッと浸透。保湿にも優れています。